ダンゴムシ

庭の植木の剪定ゴミです。

三日もすると、ゴミの中にはいます。

直ぐに見つかります。コイツらが。

ダンゴムシです。Wikipediaダンゴムシ

こんなにたくさんいました。

実は、このダンゴムシこそ、ロボット化の研究課題です。

このダンゴムシの生態ではなく、機能に注目して、機能を研究してロボットをつくります。

形状がタンク型でバッテリー等の搭載が可能で、しかも、レーダー、センサー等を搭載して、自走できるようにします。

また、丸くなることで、危険を回避できる機能や待機できる機能もできそうです。

大型から小型化まで様々な大きさにもできそうです。

タンク型の形状なので、いろいろな装置を搭載できそうなことが最大の魅力で、ロボット完成時に、セールスポイントになりそうです。

汎用ロボットのプラットホームにできそうなので、コイツを研究課題に選びました。

試作1号品(開発コード:Proto#1)にとりかかります。

 

Spread the love